通信販売でグルメになろう!食品を購入するときに注意することは?

通信販売で食品を購入するリスクとは?

ここに注意!通信販売で食品を購入するときに確認したいこと

通信販売だから気をつけたい食べ物の期限

実店舗で手に取れない商品も多い通信販売。
鮮度が重要な食べ物を購入するときに見ておきたい内容とは何でしょう。
それは、消費期限と賞味期限の違いを知ること。
いつもの買い物では日付を確認してカゴに入れると思います。
消費期限とは、5日間以内に食べないとそれ以降は品質が悪くなるものに表示されます。
お惣菜や生菓子などに製造された時間と消費期限である日付、時間が書かれています。
パンについては、気温が変わる夏季、冬季で消費期限が変わると明記されているものがあります。
賞味期限とは、時間が経過しても劣化が緩やかなものに表示されます。
缶詰や冷凍食品などです。
期限が過ぎると風味や味が多少落ちるが、食べられないことはないですよという意味になります。
消費期限と賞味期限に共通して言えるのが、開封前であることと保存方法が正しい場合に限るというものです。
贈答品などの場合は配送日数を含め、とくに気をつけたい部分です。

まとめ買いと保存方法をよく見よう!

通販の購入でついついやってしまう、まとめ買い。
届いてみて実際の量の多さに驚いたりしたことはありませんか。
まとめ買いをするときは内容量をよく見て購入しましょう。
まとめ買いする食品については分割して保存できるスペースがあることが大事です。
普段から量を見て買い物をしていれば入らないという失敗は避けられますが、通販の場合は写真で見る情報だけでは感覚がつかみにくいので失敗しやすいようです。
日ごろから食品を購入する際に、食べ物の100グラムや1キロの感覚を養っておくことをお勧めします。
冷凍で届く場合、イベントなどに合わせた食品の購入は解凍と食べる時間まで冷蔵で保存することが多く、購入のタイミングを考える必要があります。
注文したら大きいものでは段ボールに梱包されて届きます。
大中小ありますが冷蔵、冷凍庫に入れる場合の大きさまではなかなか想像しないので温度管理が必要な食品を注文する際は注意が必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る